『ZEH(ゼッチ)』とは



net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、日本語では「正味ゼロエネルギー住宅」と訳すことができます。
これまでにも行われてきた省エネに加え「創エネルギー」という考え方を導入し、
太陽光発電や蓄電池をうまく使って、「発電量?消費量=ゼロ」を達成し、家庭内のエネルギーを自給自足しようという住宅のことです。

name

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっている昨今、住宅の省エネルギー化というのは国内でも最重要課題のひとつとして位置付けられています。
そのために日本政府では、2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすることを目指し、その頃には住宅の2件に1件がZEHとなるという予想も立てられています。

ZEHの達成に必要なポイントは
・断熱
・省エネ
・創エネ
の3つ。それにプラスして、蓄電池に創エネした電力を貯め、夜間などの発電時間以外にも使えるようにすることが望ましいとされています。




name

name

name

name



省エネ性を向上させるための仕組み、HEMS(Home Energy Manegement System)はその名の通り、家庭内のエネルギーをコントロールするシステムのこと。
ECHONET Lite(エコーネット・ライト)という家電の制御、運転状況や消費電力量の把握といったことをネットワーク経由で可能にする通信規格に準拠した家電製品を制御でき、外出先から帰宅前にネットワークを介してエアコンのスイッチを入れておくといったことが現実になりつつあります。

また、生活に必要なエネルギーを、屋根に取り付けた太陽光発電パネルや蓄電池に貯めたエネルギーでまかなうZEH。
創り出されたエネルギーのうち、家庭で消費する以外のものは電力会社に売る(売電)ことができます。

現在の売電単価によると、売る電気の方が買う電気よりも高い値となっています。今後何年間かでその値が逆転する見込みです。


name



しかし、太陽光発電パネルを設置した住宅を建てて10年間は売電単価が約束されているため、少なくとも10年間は創った電力による売り上げが期待できます。
これは、これからローンを組んで新築住宅を建てようという方には非常に大きなメリットとなります。
このように、従来に比べて非常に省エネでエコロジー、そしてお財布にも優しいZEH。新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、
国はZEHの補助対象住宅一戸あたりに定額125万円の補助金を出しています。
これからのおうちのスタンダードであるZEHを、おトクに叶えられるチャンスです。


※1 経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より。
※2 平成28年度(2016年度)「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業」の補助金です。
※3 上限50万円、または蓄電システムの価格の1/3のいずれか低い金額。


name

フェアリーホームのZEH普及目標

2016年度

5%

2017年度

10%

2018年度

20%以上

2019年度

30%

2020年度

50%以上