「澄家(すみか)Eco」換気システム」とは…


一般的な換気システムでは捨てられてしまう室内の暖かさや涼しさを澄家Ecoでは再利用(熱回収)するので、冷暖房効率を上げることが可能です。
同時に水蒸気も回収するため、冬の室内過乾燥防止、夏の除湿効率アップにもなります。
それにより、冷暖房で快適な温湿度に保たれた室内を維持しながら空気の入替えが行われ、省エネ性能に優れています。


name

name

提案するのは、見えない「熱」と「空気」の流れ。

常に循環する熱と空気が、部屋と廊下、トイレの温度差をなくします。
冬場に、暖かい部屋と寒い廊下、トイレの寒暖差によるヒートショックは、もう起こりません。
部屋間の寒暖差をなくすことは、いまや当たり前となった階段の手すりや段差なしに加え、バリアフリー住宅には欠かせない機能なのです。





「澄家Eco」の4つポイント
24時間全熱交換型換気システム「澄家Eco」は、窓を開ける自然換気よりずっと快適で安全です。


■ポイント① 屋外給気フィルター・プラズマフレッシュ


高度成長期から住宅の高気密高断熱化による室内空気環境の悪化により、特に抵抗力の低い子供のぜんそくや鼻炎、アトピー等のアレルギー症状が増加していると問題になっています。

「澄家Eco」の屋外給気口に搭載されているのは、近年話題となっているPM2.5にも対応した「PM2.5フィルターΣ50」。従来の「花粉フィルター(除去率99.8%)」に加え、電化を帯びた繊維でできた「PM2.5フィルター」を積層することで、2.5μmの微小粒子状物質を98%除去します。

さらに、「プラズマフレッシュⅡ」は、床に設置された室内給気口から熱交換した空気を室内に吹出す際に、マイナスイオン放出ピンから-2.5~-4.5KVの高電圧を印加させます。非常に酸化力の強い物質であるOHラジカル(ヒドロキシルラジカル)が菌やウイルス表面のたんぱく質を酸化・分解し、活動を抑制します。

外気をきれいにし、菌を室内に持込まず、活動を抑制する「澄家Eco」の家は、空気清浄機できれいにした後の室内と同じ環境を継続できます。空気清浄機を新たに買う必要もありません。

rec-6

rec-6

■ポイント② 床面に設置された排気口


「澄家Eco」換気システムの特徴のひとつが、従来の天井や高い位置の壁ではなく床面に排気口が設置されていること。

これは、床から30cm以下で多く漂うホコリやカビ、ダニなどの死骸やフン、重みがあるために下に落ちる性質のあるニオイ成分を効率的に排出する仕組みです。この床から30cm以下というのは、ハイハイする赤ちゃんや横になっている人が呼吸する位置。そうした人たちが一番汚れた空気の近くで呼吸していることになります。
しかし、床面排気ならすみやかに汚れた空気を排出することができるので安心です。

■ポイント③ 高性能全熱交換器・ハイブリッドシステム


全熱というのは、温度(専門用語で顕熱)と湿度(専門用語で潜熱)を合わせた熱エネルギーのこと。その両方を回収・交換する熱交換器のことを全熱交換器と呼びます。

全熱交換器本体の中には「熱交換素子」と呼ばれる段ボールを交互に積重ねたような形状のものが入っており、それぞれ屋外から取入れた空気(給気)の通り道と室内から排出する空気(排気)の通り道があります。それぞれがミルフィーユ状になっており、重なっている面で温度と湿度の交換(回収・移動)が行われています。こうすることによって、外気の温度と湿度の影響を直接受けることなく、冷暖房負荷を軽減し、省エネルギーで室内を快適な状態に保つことができます。

さらに、春や秋など、内外温度差が少ない快適な時期には、給気ファンを停止し、排気ファンのみの運転で自然給気に切換える「ハイブリッドシステム」の採用により、換気システムの電気代を半分に抑えられます。

また、1年を通して温度変化の少ない床下に全熱交換器を設置する「澄家Eco」は、熱交換の効率もよく、露出型の換気システムに比べ、ファンの動作音もほとんど気になりません。



rec-6

■ポイント④ メンテナンス性


換気システムの性能を維持するためには定期的なお手入れや交換が必要です。

外気をきれいにして室内に新鮮な空気を取込むための「屋外給気フィルター
のお手入れは、せっかく取除いた虫やホコリを室内に持込まず、屋外の手の届く位置にあるので、お子様(小学生以上)にもお手伝い可能です。高齢者や女性にも易しい気配り設計となっています。

屋外給気フィルター同様、「室内排気フィルター」も手の届く床面にあります。こまめにお手入れしていただくことで、フィルターの目詰まりを防止し、良質な空気環境が保たれます。
また、室内排気口にはアレルゲン(ダニ・花粉・カビ)を分解し抑制するアレルゲンフィルターが付いています。排気するダクト内も比較的クリーンに保たれ、またお手入れの際のアレルギー症状の抑制にも配慮しています。




春と秋、夏の涼しい夜は、給気ファンを停止し、自然給気を行う第3種換気に切り替わります。ほどほどの気温と湿度の心地良い空気が自然と入り、運転費が1/2に抑えられます。

rec-6

このようにふたつの異なる働きをひとつにしたことから「ハイブリッド」と名付けられたシステムは、床下の地中熱を利用します。
床下は外気の影響が少なく、地中熱の効果で1年中の温度差が非常に小さくなります。
冬は暖かく、夏は冷たいことが特徴のまさに自然のエアコンである床下を、外から取り込まれた空気が通ることによって快適な温度の空気が室内へ給気されます。
また、全熱交換器「澄家Eco」の本体が床下に設置されているため、室内へ作動音が漏れることもありません。




提案するのは、見えない「温度」と「空気」の流れ。

計画的な熱交換型換気システムによる「温度」と「空気」の流れにより、冬場に暖かい部屋と寒い廊下やトイレの温度差を軽減させます。急激な温度変化により、血圧が大きく変動し、深刻な疾患を引起こすと言われているヒートショックの予防にもなります。床の段差をなくしたり手すりを設けたりすることで建物の障壁をなくすバリアフリー住宅はいまや当たり前となりましたが、温度のバリアフリーを考える上で欠かせない機能なのです。