現場発泡ウレタン断熱・気密工法『ecomoco』


ecomocoは、家を建てる現場で使用する吹き付けタイプの断熱材。ノンフロンの硬質ウレタンフォームです。
対象物に吹き付けられると瞬時に反応し、水の力により数秒で約100倍に発泡。構造材に接着して、隙間をピッタリと塞ぎます。


name

1. 高気密・高断熱 


ecomocoで施工した家の1番の特長は、高気密で高断熱な家にグレードアップするということ。家全体を包み込むように細かな隙間まで吹き付けるので、ムラのない性能を発揮します。
一年中快適な温度を保ち、部屋とトイレなど部屋間の寒暖差を最小限に抑えられるので、冬場のヒートショックも防ぐことができます。

name

2. 快適で強い家


暮らしの中で気になる外からの騒音や、家の中の生活音の漏れ。原因は床や壁の隙間です。
高気密のウレタンフォームで隙間を塞ぐecomocoなら、こうした問題も最小限にすることが可能です。
更に、反響や共振もフォームに連続して含まれる気泡で和らげ、気になる音を分散。静かな生活環境をご提供します。

また、ecomocoで使用するウレタンフォームは99%が空気。断熱はフォームで包み込んだ空気で行います。
そのため、断熱材としての劣化が少なく性能が長持ち。柱や梁に密着しているので、経年や湿度による木材の伸縮にも柔軟に対応します。
更にecomocoのおうちは温度差が小さいため、住宅を傷めたり、シロアリやカビの原因となる結露の発生も抑えます。
ecomocoの住宅は、末長く安心して暮らすことができるのです。

name

3. お財布と地球にやさしい


ecomocoは、お財布と地球、どちらにもやさしい断熱、気密工法。高い気密性はエアコンの効きをアップさせ、スイッチを切った後も高断熱で温度変化を最小限に抑えます。
つまり、必要以上にエアコンを使用する必要がなくなり、冷暖房費がぐっと節約できるのです。
もちろん、吹き付けにフロンガスは一切使用しないので地球環境にもやさしい工法です。

name

4. エコ&省エネに対応


高気密、高断熱で、その上長寿命なecomocoは、国が推進する環境負荷や省エネの基準を満たす優れた工法です。
そのため、ローンや税金面など、様々な優遇制度が受けられますので、有利に家作りを進めることができます。

その代表とも言えるのが、「フラット35」と呼ばれる省エネ性能や耐震性能など一定の基準を満たすことでローンの借入れの際に優遇を受けられる制度。
民間金融機関と住宅金融支援機構が提携している長期固定金利の住宅ローンです。

ecomocoは省エネルギー等級4(最高ランク)の認定を受けていますので、フラット35はもちろん、より高い優遇制度の「フラット35S」、「フラット35S エコ」等も利用できます。
更には「住宅エコポイント」や、地方自治体による各種助成制度も。

name

 
 
 
メリットを多く持つecomoco。



その断熱材は、ポリオールとイソシアネートによる硬質ウレタンフォームです。
これを液体の状態で屋根裏や壁面の内部に隙間なく吹き付けることで、瞬時に反応。水の力により数秒で約100倍に膨れ上がります。
そのため、成型品を使用する従来の断熱材では隙間のできやすい複雑な部分にも隙間を作りません。

name

name

ecomocoの施工期間


そんなecomocoの施工期間は最短でたったの1日。施工する際に有毒ガスを発生させず、吹き付けにはフロンガスを一切使用しません。
また、ウレタンフォームの原料には、シックハウスの原因とされるホルムアルデヒドをはじめ、その他のVOC(揮発性有機化合物)を含まない安全なものを採用しました。
スピードだけでなく、安心とエコにこだわった断熱材です。

もちろん、断熱材としての性能も最高水準。従来の断熱材であるグラスウールに比べ高い断熱性を実現しています。
また、コスト面でもecomocoは優秀です。ecomocoと同程度の断熱性能を持つ断熱材に比べると施工コストが削減することができます。

name

ecomocoの耐久性


また、一般的な断熱であるグラスウールやロックウールはビス等で断熱材を固定していることから、熱等で素材が劣化し、ずれ落ちてしまうことも。
一方ecomocoは、この問題を「ウレタンフォームを液体のまま吹き付け、建物の形状に合わせて発泡、密着させる」という工法によってクリアしました。
長期間に渡って最高水準の性能を発揮し続けることができます。

name

家を建てるというのは、人生の中で大きなイベント。
そして、断熱材はその家に住むご家族を守るために大きな役割を果たします。だからこそ、妥協は許されません。
ecomocoは、原料としての品質や性能(防火構造認定、JIS認定、住宅性能表示制度省エネルギー等級4認定)、開発や生産に関わる技術はもちろん、
施工技術においても認定制やFC向け研修制度を導入しています。
徹底した管理体制により、専門知識と技術を習得し、認定や研修修了認定を受けた業者だけが施工を行います。大切な住まいに安心、安全をお届けできるよう努力を続けているのです。